1月キックオフセミナーを受講した感想

001voice

こういう話が聞きたかったんです!!

先日は講習会でのお話、ありがとうございました。また返信が遅くなりすみません。

講習会に参加してとても良かったです。課題文の読み方~プランニングまで考え方が昨年通った資格学校でやったこととかなり違ったのですが、今回聞いた考え方のほうが断然わかりやすい!
これから課題発表までにコアと廊下の計画とパーツの確認をして基礎を固めていきたいです。

実は通信添削の申込みををひとまず前半だけにするか通年にするか迷ってました。後半は資格学校の講座に申し込んでいるので
時間的にこなせないかも、などなど心配だったからですが、、、

講習会に参加して、人柄がいい!指導方針がいい!的確なアドバイスがもらえた!ということで通年で申し込もうと思ってます。都合が付く限り講習会に参加したいです。
最大20名というのもイイですね。(参加費用がもう少しお手頃なら毎回出席できるように調整したいのですが、、、)
参加出来なかった講習会は動画をUPして欲しいです。課題の解説は紙ベースでは掴みきれない気がしてます。
私の力不足ってこともありますが。(中略)
本試験で未完になったのは決断力と完成させるという執念が足りなかったから、と思ってますが、プランとして何がダメで完成できなかったのか知りたかったんです。資格学校には試験時のまま未完の再現図を提出して採点してもらったのですが減点項目にチェックがあり、未完じゃもったいないという話をした程度でした。講習中もコアの位置がなかなか決まらないと相談したことがありましたが
“みんなも一緒だよ”との返事だけ。ヒントにもならない、、、何を質問してもこんな調子だったんですけどね。
それが先日の講習会で図面を見てもらって、コアの位置が悪いと指摘してもらい、どうしたら良いのかということまで教えてもらえたのが本当に良かったです。
こういう話が聞きたかったんです!!
早速解答例をコピーしてコアと廊下に色を付けました。
あ、本当だ! と思いました。
どうもファザード側に3部門のコアを計画することで壁だらけになるのは抵抗がありますが、これは試験と割り切るところですかね。本試験ではこの割り切りも出来なかった、、、

次回は課題文の読み取りから1/400のプランニングを省略出来るプランニング方法までもっと詳しい説明をして欲しいです。
ちびコマ、バイコマ、面積算定での◯コマとか、廊下面積は必要面積の40%など初耳でした。
今後は先日は次の予定があり自分の図面を見てもらったところで帰りましたが、みんなの図面を見てそれに対するアドバイスを聞いて
自分に必要なことを取り込みたいです。作図についても教えてもらいたいです。
製図用具でこれがオススメとかこんなものを用意するといいとか。みなさん、色々なワザを持っていると思うので取り入れたいです。

長文になってしまいすみません。感想を文章にまとめるのが苦手です。汗
お忙しいところ最後まで読んで頂いてありがとうございました。また講習会で色々話をさせてもらえたらいいなと思ってます。
よろしくお願いします。

←(山口)後半戦は資格学校に申し込んでおられるとのことなので、前半戦でまずお考えになり、その分、講習会に来られた方がよいかもしれませんね。前半戦は時間もゆっくりなので、じっくり話すことができますが、後半戦はバタバタします(涙)。あと、若干ですが、講習費用を下げることにしました。(10,800円→10,000円)


 

「ゾーニング間違いはプランで修正不可能」との指摘

セミナーのなかでとりわけ印象に残ったのは「ゾーニング間違いはプランで修正不可能」との指摘でした。
自分自身、確信の持てないゾーニングのままプランになだれ込んでしまう悪癖に悩むもので、プランニングの下手なのを要素に分解すると、もしかしたらそういうことだったのかも知れないと思い当たりました。当然ゾーニングの段階で複数検討したことはありませんでした。

加えてパーツというか持駒の絶対的な不足。これに関しては指摘されるまでになく感じていたのですが、どうやったら増やせるのか、自分が使えるパーツとしてストックできるのか?という点についても人のプランを検証してみる、という中にヒントがありそうだということを教えていただいたと思います。

今は昼休みですがこういうコマ切れの時間を上手に使えるようになりたいものです。まだまだ切り替えが遅いのが悩みです。

←(山口)エスキースはゾーニングとプランニングに分けていますが、これは製図試験comのやり方なんですよ。ですが、設計者はよく使う手段だと思います。時間の使い方は、生涯の宝ですので是非これを機会にうまく使えるようにがんばってください!いろんなヒントをお送りしたいと思います。


初めての方には、特に有意義だっただろうなぁ

この早い時期に有意義なお話が聞けて、嬉しかったです。
昨日の講習は、初めての方には、特に有意義だっただろうなぁ~と思いました。
(昨日のお話をあと4年くらい早く聞きたかった(笑))

私は、合格したら、資格学校2校、製図試験.comを経験した最良のエスキス法のような本を出したい(というか、CDRでネット販売)なぁ~なんて考えているのですが、私が数年かかって、ようやくわかってきた内容が全て昨日の山口先生の話にほぼ入っていて、「これじゃ先生の受け売りになってしまう。。。」と思いました(笑)

ホントに良い講義を聞けて、良かったです。

前半戦の添削は、どうしようかなぁ~と迷っているのですが、妻に話をしたら「山口先生が来てくれるなら、受講しちゃえば?」と
いう感じになってきました。

昨日の講義を受けて、トレース時間を、日々のルーティーンにすべく、ある時間に取り入れましたよっ!
また2月にお会いできるまで、精進致します。

←(山口)やるのはご自身なので、私が教えればできるというものでもないです(笑)。合格に向けてお互い精進しましょう!


指導方針や人柄が伝わってくる良いセミナー

昨日は長丁場の講義ありがとうございました。お一人であの時間喋りっぱなしは大変ですね。

山口先生(製図試験com)の指導方針や人柄が伝わってくる良いセミナーだったと思います。エスキースの全体の流れやコア位置についての話はすごくタメになりました。参加してよかったです。セミナーのみの受講が可能であれば今後も参加したいところですが、学科の学習があるため前半戦の参加は厳しいと思います。

私は「最端製図.com」の1期生でして、一級取るときは製図試験.com(旧学科製図.com)を勧められていました。
○○○○のようなサイトに浮気せず、最初から山口先生のところ行ってれば、合格できてたんじゃないのか、なんて思いました(笑)

今後もお世話になると思いますので、よろしくお願いします。

←(山口)毎回長丁場です~。本当は2時間くらいのセミナーにしたいところなんですけどね。話し始めると全部説明しようとするのは悪いところかもしれません。毎回のセミナーでは大体同じ話をしていますが、全部違います。全部違うけど、全部同じ。もうわかってますよね。まずは学科を仕留めてきてください!でもね、学科のように製図試験も勉強できるんですよ。それは次回のセミナーで!


もう少し上に目標設定をして勉強します!

○○○○というサイトの合格不合格の検証会では、合格図面を示し、こんな失敗や、あんな失敗をしている「それでも合格している」という説明をします。ですが、実は減点が少なかったから、かろうじて合格している可能性も高いわけですね。
そのくらいで合格するのだと、そのレベルを目指していては、単に他の人より減点が増えるだけで、合格から遠ざかってしまうとのだと、改めて感じました。もう少し上に目標設定をして勉強したいと思いました。

←(山口)その後、懇親の際にお話しましたが、完全合格をめざしてください。ペンを置いた17:30の時点で受かったと確信するのが到達点です。


不合格要因を見つけました!

先日の講習会ではお世話になりました。教えて頂いた内容で試験当日のエスキースを見直しました。
やはり不合格になりそうな理由が見つかりました。この部分をきちんと復習していきたいと思います。

今年は合格を決めます。

←(山口)常にこの試験は復習が生命線です。講習会の復習をしていただきありがとうございます!


次回の講習会は、エスキース講習会として、2月21日東京、2月28日大阪、で開催します。
その他、時間を作って、順次他の都市でも開催します。

下記の画像をクリックすると講習会の内容・お申込ページに飛びます。
SSK160112botan

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る