,

4つのコース

合格力を身につけるための4つのコース。

予算・スケジュールにあわせ、製図試験comでは4つのコースを用意しました。

  1. 基礎知識習得コース
  2. 課題教材支援コース
  3. オンライン個人指導コース
  4. 直接指導塾コース

それぞれ特徴がありますが1<2<3<4の包含関係にあります。また定員を超えない限り、1から4まで随時バージョンアップすることが可能です。

 

製図試験comでは、学習進捗状況・予算にあわせて4つのコースを策定しました。

簡単に動画を作成しましたので、お時間のある方はご覧ください(約11分)

全体スケジュールと各コースの関係

その前にまず全体スケジュールをご説明します。
1月に自己分析課題を行います。また1月にはガイダンスセミナー(オンライン含む)が何回か行います。
2月より2ヶ月間、試験用エスキースを中心とした基礎知識全般を動画と確認テストで習得します。
4月より月1回の前半戦の通信添削課題を解きます。平成30年度は公共施設系と考えられるため、課題は全て「コミュニティセンター」です。その上で7月にシンクロニ模試を行います。
ここまでで80%の習得、エスキース手順の理解、3時間作図1時間要点、パーツ集の理解と構築、を目標としています。本年度は特に合格基礎講座を動画にして、確認テストも設けています。
課題が発表された後を後半戦と呼び、平成30年度課題を徹底的に行います。課題数はオープン課題を入れて6課題ですが、必要に応じて、別途練習課題を加えることにしています。

スケジュールとコースは段階的に構成されており、
1.基礎知識習得コースは、自己分析課題+オンライン合格基礎講座
2.課題教材支援コースは、1.基礎知識習得講座に前半戦4課題+後半戦6課題の教材+オンライン解説
3.オンライン個人指導コースは、2.にオンラインによる個人添削指導が加わったコース
4.直接指導塾BMSコースは、その直接指導塾(東京(日)、大阪(土)を予定)
となっています。各コースはそれぞれ定員に達しない限り、個別に申し込むことが可能です。また、2及び3の通信添削課題は、前半戦の公共施設系4課題、後半戦のh30課題名の6課題のみを申し込むことも可能です。
exp:基礎知識習得コース+課題教材支援コースを前半戦だけ利用して、後半戦は資格学校に行く等。

1.基礎知識習得コース

試験用のエスキースを完全習得するためのコースです。テキスト*「ステップで攻略するエスキース」をベースとした13ステップの解説と確認テストを動画配信で行います(現在Udemyという動画配信会社に申請中)。
通勤途中や昼休みに学習可能なように1つの配信を20分以内に設定しています。
昨年までは専用メール配信でA4にして100ページほどだったのですが、今年はテキスト*+動画+確認テストで学んでいただけます。不明な点はBAND、メール、ZOOM(テレビ電話)でお答えします。

教材:自己分析課題一式(問題文・解説・解題・解答例)、動画配信(30本程度を予定)、確認テスト
「ステップで攻略するエスキース(学芸出版社既刊)」、平成30年度課題分析帖+パーツ集(共に8月)
費用:39,800円(内税・「ステップで攻略するエスキース」を含みます)
ただし「ステップで攻略するエスキース」お持ちの方は36,800円です。

→1.基礎知識習得コースお申し込みはこちらをクリック

 

2.課題教材支援コース

1.基礎知識習得コース+通信添削課題の課題配布・解説のみで添削がないコースです。
これまで、資格学校に通っている方で、どうしても製図試験comの情報だけ欲しい!という方のニーズに対して、添削付の通信添削コースしかお申込方法がありませんでした。しかし平成29年度のL型配置や上下階配置等の情報はかなり初期の段階から製図試験comでは配信していましたし、資格学校とは異なる視点での課題分析がどうしても必要になる(差別化するために*1)ことから、本年度から教材のみの販売を行うことにしました。
といっても、課題解説等のオンライン講義(ZOOM)、コミュニケーションアプリによる質問(BAND)は全て利用できます。ただし添削、各図面についての個人指導は含まれていません。

教材:自己分析課題一式(問題文・解説・解題・解答例)、動画配信(30本程度を予定)、確認テスト
「ステップで攻略するエスキース(学芸出版社既刊)」、平成30年度課題分析帖+パーツ集(共に8月)
(以上1の部分)
前半戦4課題(模試1課題含む)+後半戦6課題(模試1課題含む)問題文・解説・解題・解答例・用紙一式

費用:年間 125,800円 108,000円 (1月末まで限定特別割引中)
(前半戦のみ78,800円、後半戦のみ86,800円、うち1.が39,800円)

→2.課題教材支援コースお申し込みはこちらをクリック

 

3.オンライン個人指導コース

1.基礎知識習得コース+通信添削課題の課題配布・解説と共に、添削指導をオンラインで行うコースです。これまでは、社会人受験ということで、課題を行わない方を追うことはしませんでしたが、今年は原則、オンラインでの個人指導を含めた添削を行います。これまでの通信添削とはかなりバージョンアップされています。

地方での受験生や、家庭の事情でスクーリングできない方には絶対的にオススメします。

教材:自己分析課題一式(問題文・解説・解題・解答例)、動画配信(30本程度を予定)、確認テスト
「ステップで攻略するエスキース(学芸出版社既刊)」、平成30年度課題分析帖+パーツ集(共に8月)
(以上1の部分)
前半戦4課題(模試1課題含む)+後半戦6課題(模試1課題含む)問題文・解説・解題・解答例・用紙一式
全課題の添削・個人指導費用

費用:年間 251,800円  224,000円 (1月末まで限定特別割引中)
  (前半戦のみ132,800円、後半戦のみ158,800円、うち1.が39,800円)
定員:48名

→3.オンライン個人添削コースお申し込みはこちらをクリック

 

4.直接指導塾BMSコース

1.基礎知識習得コース+通信添削課題の課題配布・解説と共に、添削指導を直接教室でで行うコースです。
現在の予定は下記の通り、東京(日)、大阪(土)で大阪はニーズがあれば水曜日コースも開設します。

教材:自己分析課題一式(問題文・解説・解題・解答例)、動画配信(30本程度を予定)、確認テスト
テキスト「ステップで攻略するエスキース(学芸出版社既刊)」、平成30年度課題分析帖+パーツ集(共に8月)(以上1の部分)
前半戦4課題(模試1課題含む)+後半戦6課題(模試1課題含む)問題文・解説・解題・解答例・用紙一式
全課題の添削・個人指導費用・直接指導塾及び後半戦の開放教室

費用:年間 371,800円  324,000円 (1月末まで限定特別割引中)
       (前半戦のみ192,800円、後半戦のみ218,800円、うち1.が39,800円)
定員:東京・大阪、共に12名 (残8名)

→4.直接指導塾BMSコースお申し込みはこちらをクリック

 

学習アイテムお申込はここをクリック

PAGE TOP