#seizu 28001 合格するために必要な4つの力

28001

製図 一筆入魂!
試験 一級建築士設計製図試験合格マガジン
#seizu 28001 合格するために必要な4つの力
―――――――――――――――――――――

はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。製図試験.comを主宰するzoneこと山口です。
平成27年度までは、「学科製図.com」という屋号でしたが、製図試験に特化しているため、平成28年度より新たに「製図試験.com」としましたので、よろしくお願いします。

さて合格発表が終わって、最初の週末はいかがでしたでしょうか。
私も不合格になった経験があるので、自身の切替もですが、家族や関係者の期待喪失感に応えねばならず、これが一番、つらいですよね。

もう年中行事のようになってしまっている方も、これから年末までは、辛い時間だと想いますが
「冬来たりなば春遠からじ」という格言があるように、ここでもうひと化けすることが求められていると考え、来年度に備えましょう。

■今だからできること。
今だからできること、それは平成27年度の見直しです。もう一度解き直す。これが重要です。
JAEICからは、受験生を馬鹿にしたような解答例が今年も発表されています。あんな解答例にだまされないようにしてください。
試合でも試験でもそうですが、解きっぱなしで負けたままだと「負けた印象」が残ったままになります。その感情はブーメランのように還ってきます。

試験には負けた、でも、この点を直せば次は大丈夫。
ここまでが平成27年度製図試験のまとめなのです。ここまでやらないとまた来年、同じことをやる可能性があります。

■必要な4つの力
結果として、どの点を間違ったのかがわかれば、解き直しはそれで終了なのですが、では、その間違いをなぜ犯したのか、またどう修正すればよいのか、ということにについて学科製図.com改め製図試験.comでは、合格のために必要な4つの力を「初めての方へ」というページにまとめ直しました。
http://seizusiken.com/top.html
知識、技能、コツ、メンタル、の4点です。

もう一度知識から見直す必要があるのか。
技能が足りなかったのか、
コツがつかめてなかったのか、
メンタルが弱かったのか。

分析的にはこの4つの何かが足りなかったことが原因になっています。
これはしっかり見極めないと、平成28年度の学習方針は立たないはずです。

そして、原因をある程度突き止めたら、次は答案を作成するプロセスとしての情報収集、情報分析、統合、チェックというフローでの問題点を探ります。

これにはじっくり時間をかける必要があります。

■製図試験.comがあなたとやれること。
さて、平成28年度必勝を期すために重要なことを
まとめておくと、
1)平成27年度製図試験を解き直す
2)平成27年度製図試験とその自己分析
3)平成28年度に向けた学習方針の策定
4)実際の答案プロセスでの体得
です。そのうち、
1)はご自身でやっておきましょう。

製図試験.comでは、
2)を無料オープン講座(1月)で
3)4)を合格基礎講座(2-3月)で予定しています。
そのガイダンス「合格マニュアル」を無料ダウンロードしています。
http://seizushiken.com/m/

■あなたのけじめのために。
平成27年度の話は全てまとめて、終わりにしましょう。そのけじめとして、合格・不合格連絡フォームをお使いください。

○合格・不合格連絡フォーム
あなたの声は、私が責任編集の元、個人が特定できないようにして全て、サイトアップする予定です。いいことも悪いことも何でも全てお書き込み下さい。
□製図試験.com合否連絡フォーム
http://seizushiken.com/gouhiform/

▼発行元:製図試験.com事務局 ▼E-mail
http://seizushiken.com ordermail@seizushiken.com
このメールマガジンは下記メルマガ配信を利用しています。
『まぐまぐ』 http://www.mag2.com/m/0000031719.html
『melma!』  http://melma.com/backnumber_3538/
アメブロの無料会員なら http://ameblo.jp/roadto1kyu/
(C) 2015 製図試験.com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る