#seizu 28011 東京・大阪で秘密のセミナー終了。

28001

製図 一筆入魂!
試験 一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 28011 東京・大阪で秘密のセミナー終了。
―――――――――――――――――――――――――――

はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。
製図試験comを主宰する山口です。
変なリンクに変換されてしまうため、製図試験の後に、
.comが続くのですが【.】を除いて製図試験comと書いてます。

■2月です。2月です。2月です。(ヒロシですw)
寒くて、ポケットに手を入れるとヒロシの物真似をしてしまう
山口ですが、まだまだこの寒さ続きそうですよね。

□多様な選択肢の必要性
受験生の方といつも話すことなんですが、試験勉強の方法は
いろいろあってよく、資格学校に合わない方は、製図試験com
を利用いただければいいし、その他にも色々ネット上には
あるわけです。あくまで製図試験comも選択肢のひとつです。
また28009でご紹介したZT勉強会もオススメです。
ZT勉強会:http://zoneton.jimdo.com
受験生の方がベストフィットする勉強法を見つけてもらいたい
と常に思っています。

残念ながら、製図試験comと他のサイトとのコンテンツの違いが
わかりにくいんですよね。
資格学校でダメだった方が、ネット上のサイトを利用しつつ、
ネット難民になっていく現状を見るにつけ、違いを明確に
しないとダメなんだとつくづく思います。

こうやれば合格できる、なんてこと、私には言えないし、
初受験でも合格できる、とも言えないです。
製図試験comが知っていることは、不合格にならない方法の
追求なんですよね。加点思考ではこの試験は戦えない。
そう思っています。

また複数回不合格になった方の心のトゲを抜く方法を
構築してきたので、それを今年から実践したいと考えてます。
そんなこんなをそろそろまとめないとね、もう2月なんだから。
□合格マニュアルをお申込いただいた方限定セミナー開催
大阪と東京で、実は、合格マニュアルをお申込いただいた方
限定でセミナーを行いました。地方の方、ご案内できずに
申し訳ありませんでした。
昨年までの学科製図comからのバージョンアップを計りたい
ため、あらたな仕掛けや考えを入れつつのセミナーであった
ことと、また合格マニュアル程度は理解していただかないと、
ミスマッチが起こる可能性もあったことがその理由です。

さて、少人数でじっくりやれたおかげで、私としても
いろんな知見を得ることができました。
参加していただいた皆さん、ありがとうございます。

■要望と傾向
ざっくりですが、受講者の方々は、オープン講座を受講して
いる方ばかりで、このような要望と傾向がありました。

・手法にこだわるがあまり、柔軟に捉えられない
・それなのにプランニング手法が固まっていない
・読解ができていないのか、エスキースができていないのか
プランニングだったらどの部分が悪いのかは自己分析でき
ていない。
・とても熱心で性格はよいw
・資格学校に関しては懐疑的

まあ、当然と言えば当然なのですが、私としては新鮮な
部分もあり、今年は、是非核心部分をつかんでいただき
合格していただきたいと想いを新たにした次第です。

そこで以前から考えていたことなんですが、
今までの講習会スタイルを止めて、事前に課題を配り、
それを解いてきていただき、それを解いた方のみ参加する
スタイルに変えることにしました。

長所は、受講前に事前学習ができる、当日課題を解かなくて
よいので、その分、いろんなアドバイスができる、
個々のレベルがわかるため、アドバイスもより詳しくできる

短所は、申し込んだのに課題をやってこないと効果が薄い
事前に課題があるとそれがハードルで申し込まない方が増える
講習会は、ずっと講義することになるので私がしんどいw

ということですが、長所短所差し引いても、どうも事前に
課題を解いてもらう方がよいと結論づけました。

2月の予定ですが、東京は2/21日曜日、大阪は2/28日曜日に
開催します。現在、2/20土曜日が空いているので、できれば
地方に行きたいと考えています。
申込の詳細は次号でお知らせします。
■合格マニュアルをまだ手に入れてない方!
例年、このメルマガにURLを張っていたのですが、この合格
マニュアルをダウンロードしていただいた方にのみ、その内容
をフォローするメールを別途配信することにしたかったため、
登録制としています。
◆ダウンロードサイトはこちら。
http://seizushiken.com/m
■シナジー効果
東京に月1回は行くことにしたのですが、その際、いろんな
方とお会いできる機会があり、様々なシナジー効果がありそう
な予感です。それらはサイトのブログ「製図試験アーカイブ」
の方にアップしていくことにします。
http://seizushiken.com

■加算的アドバイス(随時加えてまいります)
・「今年わたしは合格する」朝晩唱える
・お金の掛け方と合格率には関係性はない
・試験は勝負の世界であり勝ちと負けがある
・足りない部分は事前に見つけて加えること
・手順を覚えるのは手段、僕らは設計をする
▼発行元:製図試験com seizushiken.com
▼E-mail:ordermail@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』アメブロから配信中。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2016 製図試験com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る