#seizu 28015 合格基礎講座02

001shiken

製図 一筆入魂!
試験 一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 28015 合格基礎講座02
―――――――――――――――――――――――――――

はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。
製図試験comを主宰する山口です。
変なリンクに変換されてしまうため、製図試験の後に、.comが続くのですが【.】を除いて製図試験comと書いてます。
有料講座の配信を朝一番にしているので、このメルマガはお昼休みくらいに読めるような時間帯に配信することにしましたのでよろしくお願いします。

合格基礎講座の内容を今週の分のみ無料で配信します。お申込は、今週いっぱいで締め切ります。
http://seizushiken.com/sorder/

そろそろ引越シーズンですよね。なかなかこの時期は大変です。私は、家が引越族だったので計16回引越をしていますw
引越貧乏ですよね。どうも引っ越してないと落ち着かなかったりして。

 

■■■ 合格基礎講座
■■□ ガイダンス編
■□02 標準エスキースフロー

山口@製図試験comです。

これから約2ヶ月に渡り、この製図試験の基礎講座をお届けします。これはその2回目。

◆今日の資料
http://seizushiken.com/members
上記メンバーズサイトから、合格基礎講座に入っていただくと、h28標準エスキースフローがダウンロードできます。
http://seizushiken.com/DL/KSO-esqflow01.pdf

 

◆ご利用の前に
この配信は、スマホに最適化するために文章の段落の切り方がちょっと特殊で今までのメール形式とは異なり、改行コードを入れずに作成しています。また配信にはexpaというメール配信システムを利用しています。
会社のメールアドレスを使っているとサーバーで止められてしまうケースがありますので、gmail等をご利用ください。

加えて、音声解説や動画解説も含まれますが、リンクを張っていますので、パソコンに転送するか、ダウンロードしてご利用ください。

配信時間は朝6:15を予定しています。

 

■h28標準エスキースフロー
製図試験comでは、毎年その年度の課題に合わせたエスキースフローを作っています。
前半戦は、徹底的にその基礎となる公共施設型のエスキースフローを学習します。

大事なのは、手順を覚えることではありません。何を分析しようとしているのか、そのプロセスを理解することです。理解なしに覚えても何の意味もありません。

機能は道理でできてきます。理由のない形は、単に絵以上ではありません。

またいつもお話することですが、エスキースフローは必ず破られます。手順を公開するというのはそういうリスクも伴います。

試験作成サイドもぼーっとしているわけはなく、手順で解けるような問題は絶対に出さないようにしたいと考えるのは当然でしょう。そんな一級建築士は不要ですから。

その部分は永遠のいたちごっこに入るだけであり、そんな消耗戦をしても仕方ないと思っています。
それよりは、フローを理解し、自分自身でエスキースを組み立てていく、ツール化していく楽しみの方が大切だと考えています。

 

■読解は動線と面積、外部と内部が要
問題文読解の鍵は、問題文自体が、外部と内部の動線と面積条件からなっているということを理解することです。
問題文は、建築物の大きさと位置のための情報と建築物の内部プランのための情報に分けられます。
それを整理しつつ読む。これが要です。

 

■エスキースは2段階
エスキースについては、ゾーニングとプランニングに分けています。方向性を全方向的に当たるゾーニングと、それにプランを入れ込むプランニングです。これをシームレスにやってしまうと、非常に後戻りのしにくい迷宮入りが確実そうなフローができてしまいます。計画する際のエスキースは2段階なのです。

 

上記のコンセプトを骨組みとして、次回配信するエスキース課題Aを実際に解いていきます。

エスキースフローはプリントアウトして手元に1枚準備しておくといいと思います。

では明日は祝日でお休みですので、金曜日に。

本編のコピー複製回覧は禁止します。
■製図試験com seizushiken.com
■E-mail:guchi@seizushiken.com
■(C) 2016 製図試験com all rights reserved.

 

★以上が合格基礎講座の2回目です。★

□合格基礎講座のお申込↓
http://seizushiken.com/sorder/cart/a02/

□4月からは、月1課題の通信添削コースがあります。
両方を含めた前半戦通信添削コースは、
http://seizushiken.com/sorder/cart/a03/

□通期で考えるなら、通信添削コースが最もリーズナブルです。
http://seizushiken.com/sorder/cart/a04/

■加算的アドバイス(随時加えてまいります)
・「今年わたしは合格する」と朝晩唱えてみる
・お金の掛け方と合格率には関係性はない
・試験は勝負の世界であり勝ちと負けがある
・足りない部分は事前に見つけて加えること
・手順を覚えるのは単なる手段、僕らは設計をする
・知的好奇心を持って学ぶ事が大切
・学びは全て、あなたにしかできない財産

▼発行元:製図試験com
▼ordermail@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』アメブロ配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2016 製図試験com all rights reserved.

SSK160112botan

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る