#seizu 28023 試験受験申込書配布。

28001

製図 一筆入魂!
試験
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 28023 試験受験申込書配布。
――――――――――――――――――
製図試験comを主宰する山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

■平成28年1級建築士試験「受験申込書の郵送配布の申込み」の受付が始まりました。
https://www.koshukai.jp/jaeic/h28_1k/

今ではネットでの受験申込が多いと思うのですが、郵送による申込もあるんですよね。
ただ、jaeicではなくkoshukai.jp には少し驚きましたが。

ようやく昨年までのダメージを払拭し、また毎日いろんな書籍を読めるような状態にまで回復しましたが、そうすると駄本に巡り会うことも多くなります。
ヤマグチ春の駄本祭りでもしようかな、と思うくらい溜まってきました。僕が書いている新しいテキストがそうならないことを祈りつつ。
■27日大阪でエスキース講習会を行います。
合格基礎講座を受講されていた方や、添削生、
加えて、4月から勉強してみようかな、という方々には、ちょうどフィットする講習会です。
h21-27の問題文を参考にしつつ、エスキース課題Aを読み解くというもので、思考が一気に深まるのではないかと思います。
東京ではかなり好評だったので、ちょっと感想掲載させてもらいます。

<感想1>
本日はありがとうございました。
過去数年分の課題を並べて、コンセプトや敷地などの読み方の解説では試験問題特有の言い回しがわかりとても良かったです。
またエスキース課題ではゾーニングの考え方を再度確認ができ、とても良かったです。
今度こそしっかり復習をしてゾーニングまでマスターしようと思います。

<感想2>
過去問は以前から手に入れていたのですが、一人で見ても漠然としていてポイントを把握できていませんでした。
敷地と課題内容によるアプローチの考え方、共用と管理部門の配置の考え方等とても有意義な内容でした。
これからいろんな課題をエスキスするのが楽しみになってきました。

<感想3>
合格させようと思って下さっている思いが熱く感じられ、嬉しく思います。期待に応えられるように頑張ろうと思います。
こんな感じでした。

■今回は、製図試験comの大阪事務局で開催します。4月16日博多もこのタイプのセミナーを行います。
http://seizushiken.com/sorder/product_category/dd/
■前半戦の通信添削を受講されたいという方へ。添削サンプル作りました。
http://seizushiken.com/tensaku-sample

また、4月から第1課題が始まるわけですが、第1課題のみ公開することにしました。これが前半戦から加われる最後のチャンスとなります。
※お申込は下記まで
http://seizushiken.com/sorder/cart/a03/

4月からの講習会について
4月からの講習会は基本的に通信添削コースの解説会+技術セミナーとします。
ですので、第1課題の解説会、という感覚が近いかもしれません。
ですので、5月、6月のセミナーには添削生以外は参加できなくなります。

■3月29日から第1課題スタート。
3月29日から前半戦の第1課題がスタートします。添削の申込受付は、4月18日までとします。基礎講座はわかってることばかりだから不要だけど、添削は受講したい、という方はご検討下さい。
http://seizushiken.com/sorder/cart/a03/
また、合格基礎講座を受講していただいた方には、前半戦通信添削コースとの差額でお申込いただけます。
http://seizushiken.com/sorder/cart/a03/
第1課題のみ一定期間公開します。
■加算的アドバイス(随時加えてまいります)
・今年わたしは合格する!と朝晩唱える
・お金の掛け方と合格率には関係はない
・試験は勝負であり勝ち負けがある
・不足分は事前に見つけて加えること
・手順は単なる手段、僕らは設計をする
・知的好奇心を持って学ぶ事が大切
・学びは全てあなたにしかできない財産
・自分自身と向き合うことが財産になる
・学ぶ事の喜びが全ての原動力となる
・情報は発信するところに集まる
・ずっと考えることで生まれることがある
・アナロジー思考力をみにつけるべし
・学習にも攻めと守りがある
・係わる全ての方を合格に導きたい(new
▼発行元:製図試験com
▼ordermail@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2016 製図試験com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る