#seizu 28026 前半戦申込は4月20日まで。

28001

製図 一筆入魂!
試験
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 28026 前半戦申込は4月20日まで。
――――――――――――――――――
製図試験comを主宰する山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

■記憶に残ること・残らないこと
人間の記憶というのは大変よくできていて、残さねばならない部分は残し、忘れたらよいことは忘れるようにできています。
もう昨年の製図試験のことは忘れつつあるでしょう。それが正常な記憶です。
それを逆に利用して、試験に必要な部分についてはキチンと何度もやることで記憶に定着させる、ということが大切だと考えています。
■製図試験comを立ち上げて初年度。
昨年末、製図試験comを立ち上げて、初めての前半戦通信添削となります。

前半戦のテーマは、7月までに合格を決めてしまう。ということを設定しています。
後半戦課題が発表されてから資格学校を予約されている方も多く、その方々が前半戦だけでも受講しておきたいということで申し込まれています。
せっかくアドバンテージがあるのに、今年の学科生と同じスタートをするのはあまりにもったいないですよね。
近年、資格学校は追い込み課題と称して、最終週くらいに8万円くらいの課題セットを申し込ませるのが通例になっています。
ですが、それより少ない額で、それより大きな効果があるのであれば、それに越したことないと思うんですよね。
製図試験comの前半戦通信添削コースには少なくともその可能性が十二分にあるのですが、受講された方しかわからないんだろうなあと思います。
私たちもメルマガを発行してホームページに書く程度以上のことをしませんから、本当の真価や情報は伝わりにくいのかもしれないですね。

既に公開しているエスキース課題Aと
今回特別に公開した通信添削第1課題を両方観てもらえば、製図試験comのカリキュラムが何をめざしているかはわかるだろうし、わからない方は、わからないのであれば受講すべきだと思うんです。

わかっても、わからなくても、合格に大きく近づくための気づきとヒントが前半戦通信添削コース課題には含まれています。

■前半戦第1課題を公開します。
製図試験comでは、前半戦で合格を決めたい。
そう思ってカリキュラムを組んでおり、特別に
問題文を第1課題のみ公開しています。
問題文は下記の通り。
http://seizushiken.com/DL/h28001p.pdf

今まで力を付けてきた方、まだ何もやってない方、4月からがんばろうとしている方向けに、前半戦は第1課題と7月の模試は公開します。
ただし、第1課題の添削は、通信添削生限定としています。添削を受けたい方、解答例や解題をご覧になりたい方は、通信添削コースをお申し込みください。

4月10日日曜日東京では、この第1課題解説を含めたエスキース講習会を行います。
http://seizushiken.com/sorder/product_category/dd/

■4月16日博多もこのタイプのセミナーを行います。
http://seizushiken.com/sorder/product_category/dd/

■前半戦の通信添削を受講されたいという方へ。添削サンプル作りました。
http://seizushiken.com/tensaku-sample
前半戦通信添削コースへの申込は4月20日までです。
■加算的アドバイス(随時加えてまいります)
・今年わたしは合格する!と朝晩唱える
・お金の掛け方と合格率には関係はない
・試験は勝負であり勝ち負けがある
・不足分は事前に見つけて加えること
・手順は単なる手段、僕らは設計をする
・知的好奇心を持って学ぶ事が大切
・学びは全てあなたにしかできない財産
・自分自身と向き合うことが財産になる
・学ぶ事の喜びが全ての原動力となる
・情報は発信するところに集まる
・ずっと考えることで生まれることがある
・アナロジー思考力をみにつけるべし
・学習にも攻めと守りがある
・係わる全ての方を合格に導きたい
・結局、基礎・基本が問われている
▼発行元:製図試験com
▼ordermail@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2016 製図試験com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る