#seizu 28038 6月も今日で終わり。

28001

■■7月6日0:00より後半戦通信添削コース申し込み開始します。詳しくは次号にて。■■

製図 一筆入魂!
試験
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 28038 6月も今日で終わり。
――――――――――――――――――
製図試験comを主宰する山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

このメルマガはテクニカル以外のすべての情報を配信しています。
テクニカルな内容については、ブログと直接メール配信で行っていますが、今年は、製図試験comとして立ち上げたこともあり、様々なテキスト配信をテスト的に行っています。

今日はさすがに蒸しますね。雨早く終わらないかな。東京の渇水は少し緩和されたのでしょうか。

■大阪では6/26パーツ集ワークショップに続き。
実は、受講生を集めて、さらにパーツ集の見直しを手伝っていただきました。お手伝いしていただいた皆さんとは、裏難波で打ち上げしてきました。

■計画する力は、情報処理能力に比例する
受講生の方々とワークしていて思ったことは、この製図試験は、試験という場を借りて、情報処理能力を試しているということでした。
今回パーツ集で、管理部門を徹底的に集めました。52プランを元に、1コマ管理部門から6コマ管理部門までを全部並べて、その中でパターンに分け、まとめ直しました。
添削生・合格基礎講座・基礎テキストをお求めの方、後半戦通信添削をお申し込みの方にはもれなくお送りしますが、情報的には整えられている形での出荷となります。

ですが、実際の作業としては、
「あー、これとこれは同じなのでいらないねー」
「これとこれはこう並べるとわかりやすい!」
なんてことがプロセスとして起こっているわけです。参加した受講生も、こうやってパーツって組み上がっていくんですよね、ということを実感していました。

集めて→整理して→使える形にする。

これが製図試験comのいう「建築的である」作業の一環ですが、「使える形」だけでは、使えないわけです。集めて、整理している部分が大切なわけです。

ではどうするのか。弊社の使える形にしたパーツをあなたの方で再度、展開し直すことが不可欠です。つまり、使える形のパーツ集→いろんな形に描き変える→パーツとして増やす→使えそうなものを再度構築し直す、ということをやるのがよいかと思います。

もしくは、今までに貯めてきた資格学校の解答例を全部集めて、パーツ化する、というのも手ではないかと思います。

是非この機会に試してみてください。
■■7月6日0:00より後半戦通信添削コース申し込み開始します。詳しくは次号にて。■■
■6月6日から配信開始の一問一答合格指南ですが、既に300名を突破しました。
一部ブログにアップしていますので、ご覧ください。
http://seizushiken.com/category/advice

こんな感じでアップしています。

すべて無料。合格したい方で一歩前進したい方は是非お申し込みください。
http://seizushiken.com/m

また講習会は行ったけど、合格マニュアルダウンロードに申し込んでいない方には配信されないのでお申し込みお願いします。
http://seizushiken.com/m
■加算的アドバイス(随時追加)
・今年わたしは合格する!と朝晩唱える
・お金の掛け方と合格率には関係はない
・試験は勝負であり勝ち負けがある
・不足分は事前に見つけて加えること
・手順は単なる手段、僕らは設計をする
・知的好奇心を持って学ぶ事が大切
・学びは全てあなたにしかできない財産
・自分自身と向き合うことが財産になる
・学ぶ事の喜びが全ての原動力となる
・情報は発信するところに集まる
・ずっと考えることで生まれることがある
・アナロジー思考力を身につけるべし
・学習にも攻めと守りがある
・係わる全ての方を合格に導きたい
・結局、基礎・基本が問われている
・人類の歴史は熱情で動いている
・日々是精進。
・人が休んでいる間にもがんばるべし
・楽しんだ分だけ身につく。
・時間を効果的に使おう。

▼発行元:製図試験com
▼ordermail@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2016 製図試験com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る