#seizu 29002 割引期間を少し延長します。

29001

製図試験comを主宰する山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

■前半戦大阪は満席につき募集終了。
1月7日は大阪で通信添削やスクールの解説を行っていました。前半戦の大阪スクーリングは申込多数で〆切りました。ご参加表明していただいた皆様ありがとうございます。
東京では、今週末あたりに上京しようとしていましたが、どうしても予定がつかないため、メルマガ及び動画での配信に切り替えます。お会いできること楽しみにしていたんですが、大変申し訳ありません。
その代わり、通信添削コースの値引期間を1月23日まで延長します。やはり会ってみないとわからないこともありますものね。

■今の時期にお話ししたいこと。
受験生の多くに誤解がある社会人受験のことについて大阪でお話ししたので、ちょっと書きます。
例えば、設備設計や現場監督でかなりの経験を積んでおられる方が、この製図試験ではエスキースができないと話されていました。

山口:500m2の公民館の空調機器のスペック、コスト、納期について、甲乙丙、松竹梅で3案提示してください。

受講生:そんなのは寝ててもできる。でもエスキースはできない。

山口:一級建築士設計製図試験は、社会人受験なのです。十分社会で経験を積んでこられた方しか受験することができないんです。高校受験や大学受験とは様相が異なるのです。

受講生:いやいや、現場はわかるが、エスキースはからっきしダメです。

山口あなたが、現場でやっている仕事の方が、試験のエスキースよりもずっと難しいんです!

受講生:そうかもしれないけれど、現場は仕事だもの。試験は試験だもの。

彼は一体いつからこうなったのでしょうか。いつのまにか、建築に携わるプロから試験のことを知らないアマチュアになってませんか。
建築はわかるけど、試験は別物なんです、なんて知識を誰から植え付けられたんでしょうか。

社会人として暮らせている以上、その道のプロなんです。

あなたがプロ意識を持ってやっている仕事のように、この製図試験に取り組んでいますか?

宿題をやれと言われたからやってきました。そんな仕事を日頃あなたはしているのでしょうか。

あなたの知識や経験を、製図試験用に整理し直し、足らないところは加え、本試験に備えるだけです。
あなたはプロフェッショナルなのですから。

お客さんの顔付きで製図板に向かわないことです。これが最低限のスタートラインです。
■自己分析課題サイトアップしました。
が、一部問題文が間違っていました。要求図書の断面図の部分の記載ミスです。
最新バージョンはver.170111です。
http://seizushiken.com/DL29/h29000-setz.pdf

この課題を解いていただければ大体現時点での学習方法や来年度の受験体制についての方針が立てられるように作成しました。
本試験レベルもこの程度の問題を確実に解くことができれば、十分だと思っています。
お申し込み者のみ添付使用と思っていましたが、自己分析表も一緒に添付しましたので、この自己分析表をご覧いただければ、何を理解して実行できるように学習をしておかねばならないのかがおおよそ把握できます。

目安としては、
理解して実行できているレベル:本試験対策のみ必要
理解しているが実行がまだのレベル:↓基礎からの学習がお勧め
理解できてない:同上
理解すること自体をまだわかってないレベル:同上
の4グループに分けられると思います。

製図試験自体は建築設計の基礎ができているのであれば十分後半戦からで間に合います。しかし、基礎ができてない方は前半戦からじっくり自己と向き合うことが重要だと考えています。
添削が必要な方は、自己分析課題添削をお申し込みください。
http://seizushiken.com/ss/
なお通信添削コース及びBMSには、この自己分析課題が含まれています。
通期通信添削コース及びBMSは、1/23までであれば1万円減額してお申込できます。
また基本テキストをお持ちの方は、さらに1万円テキストが不要な分減額します。
お申込は http://seizushiken.com/ss/

さらに!自己分析課題を申し込まれた方には、1/23を過ぎても通期通信添削コースお申込について1万円割引を継続します。
■平成29年度改訂版合格マニュアルのDLが110名突破。
読んでいただいている方はその内容のレベルがわかるはずです。
お申込は http://seizushiken.com/h29gm

■教材のお申込は開始しています。
製図試験comのコンテンツやしくみをご理解いただいている方は、来期の教材のお申込を開始しています。
◆ご利用ガイド
http://seizushiken.com/guide
◆製図試験Onlineshop
http://seizushiken.com/ss/

■infomation■
○合格・不合格連絡フォーム
再現図をお送りいただいた方は必ずご連絡ください。
大変申し訳ないですが、回答いただけてない方は、電話することもあります。
今年はそれに基づき、再現図面集を作成予定です。
あなたの声は、私が責任編集の元、個人が特定できないようにして
全て、サイトアップする予定です。いいことも悪いことも何でも全て
お書き込み下さい。ランクが確定次第、是非ご協力くださいませ。

■製図試験com合否連絡フォーム
http://seizushiken.com/gouhiform/
▼発行元:製図試験com
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る