#seizu 29012 最小限寸法を押さえること

29001

今日は昼間っから鍋を作った山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。本日2本目。

来週から配信を開始する合格基礎講座ですが、内容としては自己分析課題をひたすら解説していきながら、様々な知識を習得してもらうことを目的としています。今日の配信もその基礎となる部分について、です。

以下、合格基礎講座のお申込はこちら https://goo.gl/N9mwd9



◇合格基礎講座のための基礎講座
◆その4:最小限寸法を押さえること

今日は2本目、基礎講座その4です。

■最小限寸法を押さえること
その1から始まってその4まで来ました。今回は「最小限寸法を押さえる」ということについて。
建築計画をする上で、建築計画の原則、動線の原則とプライオリティ、バランスの重要性を説いてきましたが、最終計画におとしこんでいく際には、最小限寸法を把握していないと大きさを決めることができません。
通常、設計はコストとの相談でギリギリの寸法を押さえておいてから、余裕を持たせていくプロセスが多いのですが、設計モジュール(基準となる単位)と共に最小限寸法を押さえておかないと何も決められないんです。
この製図試験においては、1mグリッドが単位になっていますから、ここは問題ないとすると最小限寸法をどう設定しておくのかがかぎになるわけです。

そのためには寸法の根拠を持っておく必要があります。
法的には建築基準法が最低限度の寸法ですが、製図試験では最も厳しいバリアフリー法で定められた誘導基準を用いることが多いです。
また人体寸法から考えられる寸法については、建築設計資料集成の数値を使うことが多いです。多くの図書もこの資料集成を元にしています。全部で9巻ぐらいあるのですが、コンパクト建築資料集成があるので、ちょっと値は張りますが手元に一冊は置いておいてもよいかなと思います。
https://goo.gl/Ef7YhF 古本だと2000円くらいで購入可能のようですね。

■あなたが何かを設計する際には
あなたが何かを設計する際には、この最小限寸法から割り出していくことがそのスタートラインになります。
例えば本棚を作るとします。
その場合、A4のテキストを入れるなら297mm+上部空きになるわけです。ではどのくらい空ければいいのか。どうテキストを取りだすのか、とかにも因りますよね。
また市販されているA4テキストの本棚は大体どのくらいの大きさで作られているのか、情報を集め、分類し、使える数値として持っておくこと。これが本棚作りの最小限寸法の基礎資料になります。

そんな風に椅子やテーブル、テレビ台、本棚、キッチン、ありとあらゆるモノが何かのルール、基本原則でその寸法が考えられて作られています。

そしてそれはこの製図試験でももちろん同様なのです。
資格学校が与える寸法を鵜呑みにせず、実際にメジャーをもって家中を計る、街に出て計ることをやってみてください。あなたが自主的に動いた分だけあなた

これで合格基礎講座の基礎講座は終わります。
◆自己分析課題(1月23日版)
http://seizushiken.com/DL29/h29000-setz.pdf

◆合格基礎講座は、基本テキスト(エスキース、要点、構造設備、作図)込みで2ヶ月間の解説が27,000円です。2月6日から始めます。ここでエスキース・作図・要点にかかわる基本を全て解説します。
基本テキストを既にお持ちの方は、17,000円で受講可能です。
通信添削コースには含まれていますので、重複してお申込ないように。
◆お申込はこちらまで https://goo.gl/N9mwd9

2月18日大阪19日東京には、基礎講座を取り入れたエスキース手順セミナーを行います。興味のある方は是非ご参加ください。
https://goo.gl/tNhGmu

■製図試験comはコンポーネントでのカリキュラム作成をしています。
製図試験comは、一度資格学校で学んでいる方にとってはコスパは高いと思います。
完全にがっつりやるのであればBMSですが、カリキュラム自体はコンポーネントにしていて、それぞれバラバラに受講することが可能です。

2-3月:合格基礎講座+自己分析課題(テキスト+メール配信による基本学習)
4/5/6月:通信添削月一課題
7月:模試
毎月大阪土曜日、東京日曜日にセミナー
全て単独で申し込むことが可能です。

添削が必要な方は自己分析課題添削からお申し込みください。http://seizushiken.com/ss/

■平成29年度改訂版合格マニュアルのDLが150名突破。
読んでいただいている方はその内容のレベルがわかるはずです。
お申込は http://seizushiken.com/h29gm
h28再現図分析の全てはここで公開しています。
■教材のお申込は開始しています。
製図試験comのコンテンツやしくみをご理解いただいている方は、来期の教材のお申込を開始しています。
◆ご利用ガイド
http://seizushiken.com/guide
◆製図試験Onlineshop
http://seizushiken.com/ss/

■再現図の読み方。
合格マニュアルをダウンロードしていただいた方に、再現図の解説を行っています。バックナンバーも観ることができるので、参考にしたい方は是非ご登録ください。
http://seizushiken.com/h29gm
▼発行元:製図試験com
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る