#seizu 29021 前半戦第1課題。

29001

製図 一筆入魂!
試験
一級建築士設計製図試験合格メントレ
#seizu 29021 前半戦第1課題。
――――――――――――――――――
前半戦第1課題は公開している山口です。
はじめてご登録の皆様、ありがとうございます。

■Q:実は昨年、後半戦8月からの資格学校に申し込んでしまってます・・・。
A:はい。そういう方多いです。製図試験comを前半戦だけ利用する方も1/4くらいおられます。

大切なのは、製図試験資格保持者なのであれば、このアドバンテージをどう活かすのか、ということに尽きます。そう、7月までに合格イメージを作ることができるのか、です。
それなしに、8月から資格学校に行って、昨年と同じ二の舞を踏むことになりませんか。

今回テキストを作成するに当たり、いろんな新しいノウハウも重ねつつ、思うことは、やはり製図試験資格保持者(学科試験免除者)は、前半戦に合格のアウトライン、合格のイメージを持つべきだということです。
でないともったいないし、かつ角番の方は、別のプレッシャーがあります。それらを踏まえ、方法は問わないし、後半戦資格学校に行こうが独学でがんばろうが、製図試験comを使おうがそれはかまわないんです。
あなたが合格するためには、前半戦で決めることです。

■前半戦の第1課題は既に公開しています。
「チンドン屋文化研修センター」です。
友人に大阪ナンバーワンのチンドン屋さんがいてまして、これがとてもよいんですよ。ところが文化継承という意味では風前の灯火で是非とも知ってもらいたいなーという気持ちが前々からありまして、地域文化としての会館が何か出題できないかなーと狙っていました。
課題内容自体は至って真面目な内容なんですけどね。
http://seizushiken.com/DL29/h29001-setg.pdf
解答例等は公開しませんので、問題をやってみたい方は、前半戦通信添削コース4月生にお申し込みください。
http://seizushiken.com/ss/
■4月生申込〆切りは4月17日です。
製図試験comでは通信添削コース4月生の募集を行っています。
2月-3月とメールマガジンによる合格基礎講座だったのですが、それはもういいから問題を解きたいという方、お待たせしました。
4月からは月1課題となります。
第1課題は以下の通りのURLで公開します。
http://seizushiken.com/DL29/h29001-setg.pdf

4月から7月まで4課題でペースを作りたい方、前半戦で合格を決めてしまいたい方は是非ご検討ください。
http://seizushiken.com/ss/
■新しいこととして、新たにブログ始めます。
メルマガのコピペだったアメブロを終了し、
新たに質問等に答えていく「はてなブログ」を始めます。
「一級建築士製図試験一問一答」
http://seizushiken.hatenablog.com

これはあなたからの疑問点や悩みを一問一答形式で書いていくものです。
ただ質問があった際にしか更新しませんのでご了承ください。
また、合格基礎講座が終了したのに伴い、合格マニュアルをダウンロードしていただいたみなさんに「合格への逆算」メールマガジンを始めます。ご登録がまだの方は、こちらからどうぞ。
http://seizushiken.com/h29gm

■製図試験comはコンポーネント(ずっと再掲)
製図試験comは、一度資格学校で学んでいる方にとってはコスパは高いと思います。
カリキュラム自体はコンポーネントにしていて、それぞれバラバラに受講することが可能です。

4/5/6月:通信添削月一課題
7月:模試
毎月大体大阪第3土曜日、東京第3日曜日にセミナー
全て単独で申し込むことが可能です。
http://seizushiken.com/ss/

■平成29年度改訂版合格マニュアルのDLが190名突破。
読んでいただいている方はその内容のレベルがわかるはずです。
お申込は http://seizushiken.com/h29gm
h28再現図分析はここのバックナンバーで一部公開しています。

■教材のお申込
製図試験comのコンテンツやしくみがわからない方は下記を。
◆ご利用ガイド
http://seizushiken.com/guide

◆製図試験Onlineshop
http://seizushiken.com/ss/
▼発行元:製図試験com
▼guchi@seizushiken.com
『まぐまぐ』『melma!』ameblo配信。
http://seizushiken.com/mm
(C) 2017 製図試験com all rights reserved.

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る