■04:質問力

一問一答

■一問一答。製図試験合格指南
■04:質問力

山口@製図試験comワールドにようこそ。

今日から7月の本試験までに何をやっておくべきなのか、前半戦で合格をもぎ取るためにどうすべきなのかを添削生からの質問を加え、エッセイ風にまとめたものです。

■質問力という本がありますが。
問いを立てるというのは非常に重要な技術です。問いが立った段階でかなりの部分は解決できていると考えてもよいでしょう。
つまり「問える」ということは、問題点が見えている(もしくは見えているように感じている)ということになります。

さて、今日のメール配信は、このことにちなんだことなんですが、製図試験comも資格学校もできるだけ上手く利用することが合格するコツというお話。

エスキースがわからないので教えてほしい。これではいつまで経っても上達しないし、教える方も何を何からどう教えてよいかわからない。ということになります。

結局、答えてもらえないまま終わる、なんていうことになるわけです。みんな忙しいからなかなかそういう質問に関わってくれないわけです。

ではどうするのか。もちろん回答側も質問者側に寄り添うことが重要ですけど、質問者側がもう少し回答側に寄り添うこと、これが今日の「質問力」のポイントです。・・・・

 


ここから先は無料の合格マニュアルに登録をしていただくと続きが読めます。

合格マニュアル+「一問一答合格指南」無料メール申込

http://seizushiken.com/m

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る