Loading

BLOG:合格への道

製図試験comマニュアルを2020年度版に更新。

製図試験comマニュアルを2020年度版に更新しました。製図試験comはそもそも消費税に反対しているので、今回10%となりましたが2020年度は価格据え置きで教材をご提供いたします。

https://seizushiken.com/gmanual/

 

来年度教材のお申込は、12月20日からスタートします。(追試組も随時受け付けますが東京直接塾コース4についてはできれば面談後で検討したいのでメールください)
内容としては2019年度うまく運営できたのでほぼ同じです。
一部新たな方針を立てていますのでその点だけここに追記しておきます。

0.はじめに-悪意と戦う宣言

□製図試験.comとは

はじめまして、製図試験.com代表の山口です。数あるサイトの中で製図試験.comにようこそ。
弊社は2000年に学科製図.comとしてスタートし、これまで2600余名の一級建築士を輩出してきたサイトです。 一級建築士設計製図試験にまつわるテキストを学芸出版社より6冊上梓してまいりました。 現在、8割弱の受験生が資格学校に通っている一方で、実は資格学校離れが進んでいます。もう資格学校一択の時代ではありません。様々な通信添削や中小指導塾が存在しています。これだけインターネットが生活のベースになり、情報があふれかえっているにもかかわらず、未だに資格学校に通わざるを得ない選択肢しかないのか、今の受験体制でいいのだろうかという疑問を持った方がこのサイトに訪れていただいているのだと感じています。

□悪意に満ちた製図試験という位置付け

私の印象では、まじめな性格の良い受験生がなかなか合格できないという印象を持っています。そもそも本試験課題の設定が常に論理的整合性がとれないところからのスタートラインを強いていますが、それをまともに相手にする方はなかなか合格しにくいという傾向があるからです。「500円しかないけど600円のランチを頼んで来い」という上司のような試験なのです。
あなたは試されている。創意工夫ができるのかと。ですが、まじめな受験生にとって、それは創意工夫ではなく、ズルと感じてしまうことが往々にしてあります。そしてそこで思考ループにハマってしまう。もう何度もそういうシーンを見てきました。
そこで2020年度のコンセプトとして、「試験問題のどこに悪意があるのかを見抜くこと」を重要なミッションとして位置づけることにしました。試験元のJAEICに敵意があるのではなく、6割を合理的に不合格にさせるために彼らも知恵を絞っているのですが、制度疲労が甚だしく、まともではない出題しかできない現況が問題なのだとは思います。 ですがあなたは合格しなければならない。とすれば、この「悪意を見抜くこと」は合格のためにはマストアイテムなのです。

□そのための学習方針

そのための学習方針としては、悪意のない問題をスタンダード課題としてそのエスキース手法から作図、要点に至るまでを身につける基本、次に過去問題がいかに悪意と邪念があったかの検討、そしてその上で悪意のある邪念のこもった人間を不幸に導くような問題群をこなす応用とつなげていくイメージで臨みます。 このイメージが持てるようになれば、随分製図試験との関わり方が変わると考えています。

□ほめる指導始めます。

当たり前なのですが、あなたは一級建築士設計製図試験に一度も合格していません。そのシミュレーションとして資格学校の問題群を解いたり、過去問題をやっているのだと思いますが、減点法であるため、よいところはほめられず、欠点のみをあげつらう指導を受けてきたはずです。
ですが近年それで心が折れている方が非常に多いという事実に着目し、2020年度は、厳しく指導しつつもよいところに目を向け、できていることに自信を持ちつつ、できていないことについてはその自信を持ってフォーカスする方向で指導を進めます。
詳しくはメールマガジンの配信を行っています。
https://seizushiken.com/mmz からご登録ください。

2019年12月吉日
製図試験.com代表 山口 達也

令和元年度(2019)一級建築士設計製図試験1208版本試験総評

ストアを刷新しました。

関連記事

  1. 2019年「美術館の分館」攻略方針

    2019.08.05
  2. メルマガ受信の登録設定について

    2019.08.08
  3. 2020年度コンセプト

    2020.01.02
  4. ZOOM動画再生倍速モードのために

    2019.08.18
  5. 2020年度の戦い方

    2020.02.06
  6. 「美術館の分館」課題解説セミナーのお知らせ

    2019.07.30
PAGE TOP