Loading

BLOG:合格への道

令和4年一級建築士設計製図試験 課題分析by製図試験com 2022/07/22

令和4年一級建築士試験「設計製図の試験」の課題 課題分析by製図試験com 2022/07/22

■課題名:事務所ビル

■要求図書

1階平面図・配置図(縮尺1/200) 各階平面図(縮尺1/200)
※各階平面図については、試験問題中に示す設計条件等において指定する。
断面図(縮尺1/200) 面積表 計画の要点等

(注1) 建築基準法令等に適合した建築物の計画 (建蔽率、容積率、高さの制限、延焼のおそれのある部分、防火区画、避難施設 等)とする。
(注2) 「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」に規定する「建築物移動等円滑化基準」を満たす計画とする。

■建築物の計画に当たっての留意事項

敷地の周辺環境に配慮して計画する。バリアフリー、省エネルギー、二酸化炭素排出量削減、セキュリティ等に配慮して計画する。各要求室を適切にゾーニングし、明快な動線計画とする。建築物全体が、構造耐力上、安全であるとともに、経済性に配慮して計画する。
構造種別に応じた架構形式及びスパン割りを適切に計画するとともに、適切な断面寸法の部材を計画する。
空気調和設備、給排水衛生設備、電気設備、昇降機設備等を適切に計画する。

■初めての3年連続「基準階」型

受験生以上に業界は困惑していることでしょう。製図試験始まって以来の3年連続で「基準階」型出題となりました。基準階型の解法は、公共施設型と一部異なる部分があるため、その対応が必要になります。令和2年、3年を受験してきた方にとっては、手法的には類似しているため多少有利ではないかと考えられます。

■過去問題は平成10年度と平成21年度

事務所ビルが出題されたのは、平成10年度「多目的ホールのある事務所ビル」と平成21年度「貸事務所ビル(1階に展示用の貸スペース、基準階に一般事務用の貸スペースを計画する。)」です。それ以前では、昭和54年度「地方都市に建つレストランつき中規模事務所」昭和39年度「銀行支店をもつ貸事務所」昭和37年度「高層貸事務所」がありますがあまり参考にならないので省略します。

事務所ビル課題は集合住宅や高齢者介護施設に比較して筆記量が少ないため、難度を上げるために別のし掛けが必要になると考えられます。
平成10年度では突然オープンスペースが出題され、平成21年度では、変形敷地+道路斜線、地下機械式駐車場+ターンテーブルが出題されました。当初は馴れないかもしれませんが、事務所ビルは基準階型では計画も平易な部類になるのでそういった対応も不可欠だと考えておきましょう。

■平成10年度・平成27年度に近い全体構成

その上で全体構成は、3階以上が基準階型オフィスで、1-2階が別構成というのが全体構成のスタートラインだと思われます。そういう意味で平成10年度及び基準階は集合住宅ですが平成27年度に近い全体構成になると考えられます。
ただ平成21年度以降、複合施設は出題しないと公言してきたJAEICですが、令和3年のような複合性を含んだ出題をしてきていることから、完全に前言を反故にした複合施設での出題も想定しておく必要があるかと考えられます。

■ポイントとなる計画の要点

建築計画で大きく差がつかない場合、計画の要点に絡む図面表現と記述は大きなポイントになる可能性があります。特に今回初めて「二酸化炭素排出量削減」というこれまでの建築環境負荷低減から一歩踏み込んだ表現となっているため、この部分については深堀しておきましょう。特にZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)の学習は必須かと思われます。

■学習方針と積み上げ方

1)基準階型エスキースの習得

基準階型エスキースは、基準階を除けば、1-2階の公共建築物だと捉えることが可能です。まず基準階の面積ボリュームを押さえてしまうことで、残りをまとめるという手順を固めていく必要がありますが、これについては学科試験が終わり次第、7月中にその解説を行うことにします。

2)基準階オフィスパーツの習得

基準階としてのオフィスはかなりパターンが明快であるため、習得すればこの部分についてあまり迷うことはなくなります。逆にこの部分の習得が完了するまでは非常にわかりにくいのもまた特徴です。基準階オフィスパーツは8月中にパーツ集を固める予定です。

3)基準階の残りとの格闘

基準階コアだけで全体構成ができるなら平易なのですが、平成27年度のように基準階の残りの部分で1-2階専用のエレベーターが出題される構成となると結構苦手な方も出てきます。この部分については、出題が予想されるため、9月上旬くらいまでタイプ別に徹底的に押さえておく必要があると考えています。

4)計画の要点対策

前述したようにZEBを含む要点記述は本年度の合否の要になる可能性があります。この部分については、建築計画・設備計画を中心に押さえておく必要があり、まず理解、その上での暗記が不可欠です。

5)作図を固めておくこと

1)-4)については弊社の準備もあり、今日明日にすぐ準備できるものではありませんが、学科試験後、初受験する方や図面が苦手な方は、8月の夏期休暇くらいまでに10枚くらい描きあげるつもりで作図の手順を固めておいていただきたいと思います。

2022年7月22日18:51 製図試験com 山口 達也


練習課題としてオープン課題をアップし、かつ3Dモデルを作成していますのでご参考ください。

オープン課題問題文・解答例:22100-open01.pdf

オープン課題3Dモデル:https://autode.sk/3OrVPsX 


 

 

 

製図試験com合格マニュアル更新しました。

2022年令和4年度課題「事務所ビル」オープン課題公開

関連記事

  1. 書店に並ぶ「マンガでわかる製図試験」!

    2021.04.20
  2. 美術館の分館 「わける」と「つなぐ」

    2019.08.02
  3. 7×7と6×7の面積表作りました。

    2019.08.19
  4. 2020年度コンセプト

    2020.01.02
  5. 本年度のテキストサイトサポートは9/1から!

    2020.08.31
  6. 2022年版製図試験comマニュアルアップしました。

    2021.12.06

合格への道

最近のブログから

投稿カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP