ローカルルール

4_要求室

43xx:要求室特記事項

要求室の特記内容 要求室の特記内容は大きく3つに分けられます。ひとつめは前項の動線関連。ふたつめが室の中にある室。みっつめが家具等の造作です。動線については、こちらをクリック R02の要求室の一部です。残念ながら、要求室特記にはあまり軽...
4_要求室

42xx:要求室動線

要求室における「動線」 要求室で過去出題されてきた「動線」は次の7種類です。 1)面する まさに面していればOKです。長手短手問題はありません。面していれば減点できません。逆にどれだけうまく計画していても面してないと減点となります。 ...
4_要求室

41xx:要求室室名・面積

要求室 室名・面積 製図試験は、要求された室を含む建築物を時間内に計画して図面化する、減点方式の試験です。ですので、ない、足らない、というのは、もう絶対に減点が避けられない項目です。その中でも要求室の室名・面積は厳しく判断されます。 室...
3_部門動線

36xx:セキュリティ

考え得るセキュリティは3種類 製図試験で出題される「セキュリティ」。簡単に横文字で書いているけど、実は意味がよくわからない場合が多いんです。考え得るセキュリティは3種類。 外部からの防犯というセキュリティ 外部からの侵入者から施設内を...
3_部門動線

35xx:その他のゾーニング

「その他のゾーニング」4点 34xxの部門ゾーニングの他にも、製図試験では様々なその他のゾーニングを指定される場合があります。それが次の4点、時間ゾーニング、上下足ゾーニング、課金ゾーニング、セキュリティゾーニングです。 それぞれ特殊な...
3_部門動線

34xx:部門ゾーニング

部門ゾーニングとは 製図試験では、要求室に通常「部門」が設定されています。(唯一h07のコミセンでは部門そのものが抜かれていました)部門とは、出題者側から、こういう利用用途があるので、使いやすいように部門ごとでゾーニングしてもらいたいとい...
3_部門動線

33xx:コア計画(階段+EV)

コアとは 製図試験でよく出てくる単語に「コア」がありますが、実は設計の実務ではあまり使わない言葉です。なぜこの単語を使うようになったかという起源は定かではありませんが、恐らく、製図試験で最も難しい部分のひとつであり、特に気をつけて計画しな...
3_部門動線

32xx:管理者動線

建物内の管理者動線はどうあるべきか 建築計画の5原則は以前解説しましたが、管理者動線はどう考えればよいのでしょうか。 建築計画的によい建築物とは、1)利用者が迷わずに使いやすく(つまりわかりやすい)、2)施設管理者が...
3_部門動線

31xx:利用者動線

建物内の利用者動線はどうあるべきか 建築計画の5原則は以前解説しましたが、建築計画上の利用者動線を考える場合は不可欠な知識です。くりかえしになりますが、特に1-4原則は、動線に関するモノです。 建築計画的によい建築物...
読解/エスキース

26xx:設備配置・その他外構

設備配置 設備系では、 1)給排水:水道メーターボックス、受水槽、排水枡、浄化槽、浄化槽 2)電気:引込柱、キュービクル 3)空調:室外機 4)ガス:ガス給湯器 5)その他:消火水槽、防火水槽、太陽光発電パネル、風力発電機、アー...
タイトルとURLをコピーしました