Loading

BLOG:合格への道

費用の最適化を求めて。

多様な選択肢があってよいはず

1年を通じて受験に向かう皆さんにとって、もう100万円近い資格学校にしか選択肢がないのはおかしい。だからといって独学では心許ない。そこでその中間的選択肢として、ネット上の弊社のような存在があるのだと思っています。選択肢の幅はある程度あった方がいいと思うからです。

残念な資格学校の通信添削コースとその弊害

残念なのは、資格学校の通信添削コースです。単に通学コースの課題を間引いただけですから、通学コースに来ないと合格できないカリキュラムなら明らかに欠陥商品構成であり、通信添削コースで合格するなら通学コースは過剰学習カリキュラムとなるからです。
その上で「通信添削なんかで一級建築士製図試験は合格しませんよ」と豪語する資格学校営業には悪意すら感じます。まあ確かに間引いただけのコースですから仕方ないのですが、この間引いただけの資格学校の通信添削と、弊社や他まじめに合格させようと思っているネット系通信添削コースを一緒にされるのはさらに残念なことです。

あなたの状態に合わせてコンポーネントできるしくみ

何件か問合せがあるので急遽作ったのが下記の表です。
・前半戦はエンジンもかからないので教材だけにして、課題発表後の後半戦から添削を受けたい。
・前半戦のUdemyは不要で添削だけ受けて、後半戦は資格学校に行きたい。
・前半戦後半戦を分割で払いたい。
このようにニーズに対応できるようにしています。

前半戦申込み後、後半戦も引き続き申し込む際は、合計で通期費用(1万円減額)となります。
直接指導コースの前半戦のみは受け付けていません。またUdemy合格基礎講座は、1回受講すればその後は永遠に受講可能です。

詳細は、製図試験comマニュアルをご覧ください。(ここをクリック

製図試験.comストアへ 通信添削コースの解説 製図試験comマニュアルへ

 

 

 

2019年1013版製図試験を俯瞰。

建築士とは国民の生命と財産を守る仕事

関連記事

  1. 本年度のテキストサイトサポートは9/1から!

    2020.08.31
  2. 2020年度の戦い方

    2020.02.06
  3. ”50歳以上しか採用しない会社”から学ぶ受験必勝法

    2020.01.30
  4. アクティブ・ラーニングから考える製図試験。

    2018.01.11
  5. 平成30年度課題「健康づくりのためのスポーツ施設」課題分析

    2018.07.20
  6. 「美術館の分館」課題解説セミナーのお知らせ

    2019.07.30
PAGE TOP