Loading

BLOG:合格への道

10:社会人とピアノレッスンとリスペクトと。

山口@製図試験comです。おはようございます。

メンタルのことを書いている私ですが、この1週間はヘビー過ぎて私がメンタル飛びそうな毎日です。そのくらいでないと生きている実感が無いので仕方ないんですが、ようやく生きているということを感じています。まぁワーカホリックなので仕方ないですね。

■幼児の頃とは違ったピアノレッスン。

私は小学校4年制までピアノを習っていたのですが、宿題を全くやっていかず、本当にピアノが嫌いな少年でした。暗記が苦手で暗譜が苦手でした。意味もわからず弾けというのが嫌いでした。
ところがピアノから離れてみると弾きたくなるもので、社会人になって少しした時期にピアノのレッスンを再び始めたんですが、その時の指導方法が全く違っていて驚きました。

その五度の意味はどんなことなの? そこでシンコペーションはなぜあると思うの?
みたいななぜなぜ攻撃なんです。暗譜よりも考えろ、なぜそうなのか、何をどう弾きたいのか考えなさい、というようなレッスンでした。

なるほど。子供と大人では同じピアノでもこんなに教え方が違うのか、と感心したものです。

■資格学校に通ってみて

私は初年度、絶対に合格したと確信しましたが、不合格。二年目は残念ながら、資格学校に通いました。そこで感じたのは、子供に教えるような教え方。なんじゃこれは。と。
暗記せよ、覚えろ、みたいなことだけ。
なぜそうなるのか、どうすればそうなるのか、どう捉えればいいのか、何を強化すればいいのか。
全くないんです。バカにしているのかとも思いました。

覚えなければならないことはたくさんあるのは事実です。ですがその接し方には、社会人としては同等としうリスペクトがなかった。

今はもう時代も変わっているだろうし、資格学校だって変わってきたかもしれません。

でも受講者に対するリスペクトについては、建築士講習を定期で受ける限り、全く感じないんですよね。

少なくとも、製図試験を教える側は、受講生を社会人として対峙してほしい。
そして皆さんには社会人として学科を突破してきた誇りを持って製図試験に臨んでほしい。

そう願っています。

■お申し込みは8月15日くらいまでに。

テキスト「2022版「事務所ビル」課題分析帖の予約を開始しています。
製図試験課題「事務所ビル」の全体像がつかめる一冊です。
また8月11日12日大阪、13日14日東京での夏期講習会も予約受付中。
大阪:残席8 東京残席:16

・コース生はコース3、コース4東京塾・大阪塾を含め、まだもう少し間に合います。
東京塾も大阪塾も12名程度のイメージで現在共に9名、あと残席は3名分程度です。
コース2/3からの変更は差額で承ります。

なお、8月9日までにお申し込みいただかないと次の発送は8月16日からとなります。

■コース・課題分析帖・夏期講習会の申込みはこちらから
https://seizushiken.com/welcart/

■今週の予定■
月:トレースや他の受講生図面の修正
火:逆エスキーストレース
水:逆エスキーストレース
木:夏期講習会(大阪1)
金:夏期講習会(大阪2)
土:夏期講習会(東京1)第2課題トライ
日:夏期講習会(東京2)第2課題トライ

■合格への道■
・「今年、一級建築士になる」と決める
・合格から何が足りないのかを逆算する
・同じミスは二度としないこと
・ミスを喜び、修正していくメンタリティ
・自分自身を信じることから始めること
・うまく負ける努力をしよう
・やるのかーやらされているのか。
・不合格要因を見つけては削る戦い
・足で見る、手で考える
・学科突破者として誇りを持って戦うべし

■初学の皆さんへ。

まず学習するのは、エスキース手順、作図、パーツのビルドアップ、この3つだけです。
関連するファイルはここからダウンロードできます。
https://seizushiken.com/20220801_startup/ 


試験日まで平日毎日7:40に配信しているメールマガジンからのリライト版です。
合格するその日まで、メールマガジンをご覧いただければ幸いです。
メルマガ登録は→ https://seizushiken.com/mmz

 

 

09:製図試験は技能試験

11:ミスの見つけ方

関連記事

  1. 06:オリジナル工程表作りました!と。

    2022.08.02
  2. 23:ジェネラリストとしてのスペシャリスト

    2022.08.31
  3. 31:問題の解き方・捉え方について

    2022.09.13
  4. 08:エスキースができないんです・・・。

    2022.08.04
  5. 01:「今年、一級建築士になる」と決めること。

    2022.07.26
  6. 21:できても学び、できなければもっと学ぶ。

    2022.08.29

合格への道

最近のブログから

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP