Loading

BLOG:合格への道

32:時間がかかりすぎる方法では意味がない

山口@製図試験comです。

今週は、問題の解き方・捉え方について、思うところがあったのでしつこく書きます。

■何が問題となっているのだろうか。

製図試験comでは、読解に70分から90分程度、
エスキースに30分から40分程度をひとつの目処にしています。
資格学校は読解30分、エスキース90分ですよね。
資格学校のやり方が納得できずに製図試験comのやり方に納得していただける方は非常に多いのですが、この時間の使い方の「慣れ」の問題から、読解に70分から90分、エスキースを90分で2時間半かかってしまう方となる傾向があります。

両方の手法の良いところばかり取ると時間がかかりすぎる問題が発生するわけです。

しかし、これでは不合格になる道を歩いている感じだと思いませんか。

 

■時間がかかりすぎる方法では意味がない

まずはできないといけない、でも時間はかかりすぎる方法では意味がないわけです。
製図試験comでは、8月末までにいったんどうすればエスキースができるようになるのかをステップで理解してもらっています。
ですが、90分90分で180分では意味がない。

そこで時短が必要になりますが、読解を縮めると結局、資格学校のエスキース方法に戻る方も多いわけです。
30分90分の選択肢もありなので、全くよいと思います。
弊社の方法が合わなかったというだけです。

一方、製図試験comのエスキース手法でいくとすると、エスキース時間を縮める必要があります。
ここでパーツ集の登場となるわけです。

1)出題される課題の建築物は、どこにでも建っている普通のごくありきたりの建物であること
2)全く独創性は求められておらず、問題文の要求をそのまま図面化すればよい試験であること
3)ただし時間制限はかなり厳しいこと。

この3点を突き詰めていくと、その場で新しいプランを考えるのではなく、
 1)ごくありきたりの覚えてきたパーツを、
 2)問題文に合わせて
 3)組み上げる試験
である、ということがわかると思います。

ただし、試験問題作成サイドもアホではないので、覚えてきたパーツがそのまま使えないような当日突然混乱させるような出題を考えています。
しかし、これは試験問題作成サイドにとってもリスクなんですよね。1)に抵触してしまうからです。

そこで1)’が登場するわけですが、
1)’変形できるように練習しておいて
が必要になります。

 1)ごくありきたりの覚えてきたパーツを、
 1)’ 変形できるように練習しておいて
 2)問題文に合わせて
 3)組み上げる試験

となります。さて、あなたは、このような試験であるという認識のもと、学習研鑽しているでしょうか。

問題を「解くこと」に重点を置いていませんか。

新しいプランを構築しようとしていませんか。

その先に合格はあるんでしょうか。

今週はずっとこの話を続けます。

 


■15分以内のショート動画

課題分析帖解説の重要な部分、パーツや法規について、15分以内の動画を随時作成することにしました。
ただし、コース生、課題分析帖購入者限定です。サンプルをアップします。
https://youtube.com/playlist?list=PLrt104WluFLcRqCne5N6BST5kNuzFBuT6

購入は下記をクリック。

2022「事務所ビル」課題分析帖+パーツ集


試験日まで平日毎日7:40に配信しているメールマガジンからのリライト版です。
合格するその日まで、メールマガジンをご覧いただければ幸いです。
メルマガ登録は→ https://seizushiken.com/mmz

 

 

設備設計一級建築士の過去問と解答集の販売します。

33:箱入り娘的に。

関連記事

  1. 03:同じミスをくりかえさないこと

    2022.07.28
  2. 30:今一度できていないことの整理を。

    2022.09.09
  3. 17:動画あり-基準階の生命線はコア配置

    2022.08.23
  4. 26:月々日々に強りたまえ

    2022.09.05
  5. 19:全てができる人できない人もいない。

    2022.08.25
  6. 13:情報を発信した方に情報は集まる。

    2022.08.16

合格への道

最近のブログから

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP