Loading

BLOG:合格への道

「製図の寓話」について

最近読んだ「座右の寓話」という本が面白かったので、これをもじって「製図の寓話」というシリーズを始めたいと思います。

イソップ物語をはじめ、比喩によって人間の生活に馴染みの深いできごとを見せ、それによって新たな知見を与えることを意図した物語を寓話と言います。
製図試験には「気づき」が非常に重要な役割を果たしますが、その気づきには、この寓話がとてもフィットするように考えました。
受験生が製図試験で大きなミスをひき起こしたり、ある問題を克服する際に考えられる、様々なエピソードには、実はなぞなぞと同様の文学的構造があります。それらについて実例で示すよりも、面白く、不可解な印象を与える寓話を用いることで、より受験生の気づきへのフックになるような可能性のある話になるのではないかと思いたちました。
ということで不連続シリーズですが、1冊の本になるくらいいろんな話を書いていこうと思います。

学科の寓話」共々お楽しみに。これらの寓話の初稿は全てメールマガジンでお届けします。

メルマガ登録フォームへ

 

プレバトとNHK高校講座古典

象の正体

関連記事

  1. 象の正体

    2019.02.08
  2. 大木と雁

    2019.04.09
  3. ラクダと第一印象

    2019.02.12
PAGE TOP