Loading

BLOG:合格への道

23:ジェネラリストとしてのスペシャリスト

山口@製図試験comです。

■ジェネラリストとしてのスペシャリスト

私自身は、ジェネラリストとしてのスペシャリストが、建築士の職能の最たるものだと位置づけています。
ジェネラリスト=広範な知識を持っている人、であり、その点において特別な人材という意味です。

さて、このジェネラリストとしてもっとも重要なのは、「聞く力」です。

どこかの首相やどこかの政党が言っているアレ、ではありませんが、まずクライアントの話を聞く能力が最重要です。
全ては、現場から始まっている、建築の現場の最前線は「クライアントの声」なんです。
それを聞く力が、一級建築士に必要最小限の基礎能力です。

■決めないで聞くこと。

まず聞く。
これ意外と難しいんです。私ができているかというとまだまだなんですよね。でもまずクライアントの要望を聞くことが重要です。
一を聞いて十を知るって言いますが、それは次の次のステップでの話。

製図試験では、問題文をクライアントに見立てて、十を聞いて十をようやく知る、という感覚です。

特に意匠設計系の方は、デザインしたい、わかっていると思われたい、空間化したいということで、問題文を読まずに勝手にイメージしていきます。この読みが当たっていれば、それほど素晴らしいことはないんですが、外れていたらジ・エンドです。

資格学校の教え方って、まさしくバンバン決めていくんですよね。それが合っていたら、そんなに素晴らしいことはないし、一を聞いて十を知る建築士なんですが、外れたら最後、その年度は終わりです。それって博打ですよね。1年かけて、大枚はたいて、本試験は博打でいいんでしょうか。
3回賭ければそのうち当たるよ、的な手法でいいと私は思いません。

まず聞く。できるだけ私心を入れずに聞く(読む)。読んで分析して、何をしたいのかを聞く。
これがジェネラリストとしての最低のスタートラインです。

 


■15分以内のショート動画

課題分析帖解説の重要な部分、パーツや法規について、15分以内の動画を随時作成することにしました。
ただし、コース生、課題分析帖購入者限定です。サンプルをアップします。
https://youtube.com/playlist?list=PLrt104WluFLcRqCne5N6BST5kNuzFBuT6

購入は下記をクリック。

2022「事務所ビル」課題分析帖+パーツ集


試験日まで平日毎日7:40に配信しているメールマガジンからのリライト版です。
合格するその日まで、メールマガジンをご覧いただければ幸いです。
メルマガ登録は→ https://seizushiken.com/mmz

 

 

22:迷った時はよりシンプルな方に回答がある。

24:そこに復習はあるんか?

関連記事

  1. 24:そこに復習はあるんか?

    2022.09.01
  2. 10:社会人とピアノレッスンとリスペクトと。

    2022.08.08
  3. 17:動画あり-基準階の生命線はコア配置

    2022.08.23
  4. 28:岡本太郎とテオ・ヤンセン。

    2022.09.07
  5. 04:自分自身を信じることから始める

    2022.07.29
  6. 21:できても学び、できなければもっと学ぶ。

    2022.08.29

合格への道

最近のブログから

投稿カレンダー

2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP