Loading

BLOG:合格への道

図面の中を歩こう。

図面が読めない受験生が増えています。
また図面の楽しみ方がわかってない方も多いです。そこで簡単な楽しみ方。

図面をグーグルマップみたいに3Dで読む方法。

上記の写真のごとく、目線を歩行者目線において図面を眺めてみましょう。

図面の中を歩くわけです。

そうすると見えなかったことが見えてくるはず。

「カウンターわかりにくいなー」

「エレベーター遠いなあ」

「窓が大きくて気持ちよさそう」

「直射日光バンバンで暑すぎる」

「この死角はちょっといやだなあ」

こんな感じです。図面をその視線で見直す=図面の中を歩く。

このシミュレーションができるようになると、タカの眼=平面図としてみたときでも、段々人の目線でのイメージができるようになってきます。

そう、建築士は図面の中をいつも歩いているのです。

先日ツイッターで質問を受けたときに、とある方が

「上履きに履き替えながら、歩いてみます!」と答えてくれました。

思わず「それ!それや!」と叫んでしまいました。変なおっさんですよね。

施設見学のポイント

ピロティの定義間違えてた・・・。

関連記事

  1. 平成30年度課題「健康づくりのためのスポーツ施設」課題分析

    2018.07.20
  2. 当たっているうちは合格できない。

    2018.01.29
  3. 学習体制の選択:合格のためのスタートライン講座4/4

    2019.01.25
  4. 2019版「製図試験com合格マニュアル」アップデート

    2019.07.30
  5. 本試験分析の必要性:合格のためのスタートライン講座2/4

    2019.01.21
  6. ピロティの定義間違えてた・・・。

    2018.08.17
PAGE TOP