Loading

BLOG:合格への道

ZOOMオンラインイメージ

オンラインアプリZOOMがどのくらい添削のイメージを変えるのかをご紹介します。

■ZOOMの使い方

その前にZOOMの使い方についてですが、9-10桁のZOOM用ミーティングIDをこちらが発行しますので、それを入力するか、そのURLを送ります。それをクリックするとスタートします。
タブレット、スマホの方は、アプリをダウンロードしておく必要があります。パソコンの方はそのままでつながります。

■個人面談からスタートして・・。

1)まずは個人面談からスタートしようと考えています。個人面談サンプルはこちら

2)次のステップとして慣れてきたら、各受講生のエスキースを皆さんで共有したいと思います。
3)その次のステップとしては、全く普通に大阪事務所に来ていただく感覚でZOOMしてもらいます。
具体的には
◇ZOOMに行くアポを取る(取らなくても来てもらって大丈夫ですが)
◇図面をデータで送るか、その時にアップする
◇お茶でも飲みながら、ディスカッションする
◇そういう場に他の受講生も勝手に来たりする(もちろん個人面談も可能です)
そんなイメージです。
えー、そこまで出来るんですか?

はい。
オンライン会議だから、ちゃんと化粧しないととか、自宅ではあかんとか、全くありません。

ZOOM飲み会?

近々オープンにZOOM飲み会を計画したいと考えています。テーマがあるわけではなく、製図試験や建築の仕事なんかについて、単にダベるようなZOOMミーティングと称する飲み会です。いろんなところで飲んでいる方とつながるイメージですね。スマホとヘッドフォンがあれば、飲み屋さんからの中継もOKです。日時はメールマガジンでお知らせします。

参加ハードウェア

参加するにはwebカメラとヘッドセットがあった方が楽しいです。最低限、スマホ・タブレット・パソコンとヘッドフォンがあれば参加可能。ヘッドフォンがないとハウリングしたりします。
あとwifiでない場合は、1時間で200MBくらい食いますので、パケ死しないようにwifi環境がオススメです。
カメラを切っておくとさらにデーター容量は小さくなります。

オススメヘッドセット:カメラを買うとカメラにマイクがあるのでヘッドフォンだけでよいです。
パソコンでUSBとか全くわからない人:https://goo.gl/pUo88H
パソコンでUSB接続が出来る人:https://goo.gl/f752zi
スマホ用として普段からbluetoothで使いたい方:https://goo.gl/SBEMP1

オススメカメラ:ノートパソコン、スマホは不要。
200万画素以上はあった方がいいかな https://goo.gl/FpFsmH

ちなみに私は、webカメラ:ロジクールの920r マイクは別途コンデンサーマイク、ヘッドフォンはbluetoothのヘッドバンドタイプを使っています。

■利用イメージ

ZOOMの利用イメージです。

1)水曜日に事務局から課題送付
2)週末にコース生は解く
3)週明けにZOOMのチャットに送る
4)〆切りに間に合ったモノを弊社でまとめる
5)その図面データをダウンロードして図面読みを行う(色を塗ったり)
6)オンライン講評会を行う
7)別途個人指導も予約を入れてもらいオンラインで行う

こんな感じで進めようとしています。

当たっているうちは合格できない。

実は私もわからなかったエスキースの別れ道。

関連記事

  1. 謹賀新年。製図試験受験生に贈る。

    2018.01.01
  2. 当たっているうちは合格できない。

    2018.01.29
  3. 西九条というところ

    2017.12.17
  4. 2019版「製図試験com合格マニュアル」アップデート

    2019.07.30
  5. hare no hi は他山の石ではない。

    2018.01.15
  6. 資格学校と製図試験com:出題コンセプトの違い

    2018.01.19
PAGE TOP