23xx:その他のアプローチ

2_外部計画
この記事は約2分で読めます。

動線の優先度を計る4つの基準

1)属  性:利用者>>サービス
2)通行量 :多い>少ない
3)頻  度:多い>少ない
4)不特程度:不特定多数>特定会員

21xxメインアプローチ、22xxサブアプローチを解説しましたが、メインでもサブでもないアプローチがあります。例えば、カフェの外部出入口だとか、公園への出入口だとかです。
これについては、まずアルナシ、つまり指示されていたらあるかないかが重要。
次に、その計画の仕方としては、利用者にはわかりやすく、管理者には管理しやすく、ということが原則となります。
1)属性つまりメインの系統なのか、サブの系統なのか
2)その通行量は多いのか少ないのか。
3)頻度は高いのか低いのか
4)それは不特定の人のために案内しなければならないのか、それとも特定の利用者のためのものなのか、
それによって、濃淡、ウエイトを掛けて計画するということになります。

ローカルルール独自採点基準

23:その他の

x:状態x:減点
23040:未完4:(アプローチ抜け)
231x1:オーバー1-3:多いとセキュリティ↓、計画が下手
232x2:アンダー1-3:重要でないアプローチの抜け、目地表現抜け等
233x3:内容ミス1-3:指定されたアプローチでない計画
23343:内容ミス4:指定されたアプローチでない致命的なミス
234x
4:表現ミス1-3:△▲マークミス、わかりにくい目地表現
235x5:配置ミス1-3:アプローチ位置の間違い、遠い、わかりにくい、サイドイン
236x
6:理解不足
1-4:アプローチに対する考え方がまだできていない

4桁カテゴリコード一覧はこちら

関連ルール

タイトルとURLをコピーしました